やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2022/05/10
個人経営の鍼灸接骨院が発行する領収書と印紙税
[相談]

 先日、私はギックリ腰を患ってしまったため、ギックリ腰治療で有名な鍼灸接骨院(個人経営)に通い、少々高額ではありますが、自費(保険適用外)での治療を受けています。
 その鍼灸接骨院では、治療費を数回分後払いで支払えることから、月末に6〜7万円程度を支払っているのですが、その領収書に印紙が貼られていないことに気づきました。5万円以上の領収書には印紙を貼る必要があると聞いたことがあるので、この場合も、印紙の貼付が必要なのではないかと思いますが、いかがでしょうか。


[回答]

 個人経営の鍼灸接骨院で、柔道整復師等の個人が作成する領収書については、印紙税は非課税とされています。


[解説]

1.領収書に対する印紙税の基本的な考え方

 印紙税法では、売上代金についての金銭又は有価証券の受取書(領収書)については、原則として、印紙税が課税されることとされています。

 ただし、売上代金に係る受取書であっても、その記載金額が5万円未満の受取書については、印紙税は非課税とされています。

2.柔道整復師等である個人が作成する領収書に対する印紙税の取扱い

 印紙税法では、売上代金についての領収書で、その記載金額が5万円以上のものであったとしても、「営業に関しない受取書」については、印紙税は非課税とされています。

 その「営業」とは、営利を目的として同種の行為を反復継続して行うことをいうとされていますが、医師等の行為については、その職業の本来あるべき姿や、専門的技術・知識を有する個性的特徴を持つ職業であることから、印紙税法上の営業行為には該当しないと解されています。

 上記の「医師等」には、医師のほか、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、保健師、助産師、看護師、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、獣医師等が含まれることとされています。

 このため、今回のご相談の鍼灸接骨院(個人経営の鍼灸接骨院)が作成する領収書(受取書)については、印紙税は非課税となります。

[参考]
印法2、5、印法別表1第17号文書、印基通第17号文書の25など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



創作したNFTアートの販売と所得税2022/05/03
相殺領収書への印紙税の課税の有無2022/04/26
手付金の領収書への印紙税の課税の有無2022/04/19
インボイスの交付義務が免除される場合 その2(回数券を購入した場合の取扱い)2022/04/12
インボイスの交付義務が免除される場合とは2022/04/05
インボイス制度導入後における、免税事業者からの仕入れにかかる消費税額の取扱い2022/03/29
インボイスに記載すべき事項と、端数処理の注意点2022/03/22
インボイス制度開始に伴う、帳簿の備付けや請求書等の保存に関するルールの変更点2022/03/15
アンティーク品と減価償却2022/03/08
法人成り直後に退職した従業員の退職所得控除額の計算における勤続期間の通算の可否2022/03/01
令和3年分確定申告の申告期限延長申請を行う場合の注意点2022/02/22
令和3年分の確定申告の提出期限と納期限、振替日を確認2022/02/15
令和4年度税制改正による、住宅ローン控除制度における中古住宅の築年数要件の廃止2022/02/08
給与の支払いのない青色事業専従者を控除対象扶養親族とできるかどうか2022/02/01
確定申告で住宅ローン控除の適用を忘れてしまった場合に、更正の請求を行えるか2022/01/25